クラーク
  1. TOP > 
  2. クラーク

クラーク

医療事務の中にはクラーク部門という仕事があります。例えば「外来クラーク」であったり「病棟クラーク」などがあります。これらは病院に来た方の対応をする「外来クラーク」とすでに入院している方などを対応する「病棟クラーク」などがあります。主に病院のサポート業務を担うところとなり、医療事務ではここに配置されることもあります。医療に関しての仕事は非常に多いです。それを全て医師や看護師で行うことは難しいので、そういった医師や看護師の負担を少しでも減らしていくのがクラークの仕事でもあります。

「外来クラーク」の場合は主に外からの患者の対応をして、時には悩みの相談を受けたり、症状を聞いたり、対応したりなど多岐に仕事があります。「病棟クラーク」はいわゆる病院内で生活している方のお世話をしたり、話を聞いたりする場所と思っていただけたら良いです。簡単に説明していますが、病院というのは非常にデリケートな部分を扱うこともあるので、気軽に医療事務の仕事がしたいというのも少し実際に働いている人から反感を買うかもしれません。

全ての仕事は大変ということを頭に入れて働かなくてはなりません。現場で活躍している医師や看護師とは違って医療事務は陰で病院を支える人となります。通信講座などで簡単に資格も取得できるようになった現代、その考え方のギャップによって問題になることもあるので、自分が医療の現場で働くということを自覚して仕事をしましょう。